IT技術者になるには逆質問も必要

IT技術者になるには?就活で採用の決定打となる逆質問4選

 

立場

 

就活で面接を受けるときに相手の立場を理解していますか?

 

正直、1次面接なんかは対して気にする必要はありません。

 

1次面接を通過して2次面接の連絡が仮に電話で来たとします。

 

そういう時に「わかりました」「よろしくお願いいたします」で終わるのでなく、「どなたの面接になりますでしょうか?」「役員クラスですね。」「具体的にお名前を聞かしてもらっていいですか?」など、相手のプロファイルやプロフィールを事前に理解するということをトライした方がいいと思います。

 

というのは、例えば会社概要なんかに名前が載ってますが、大手企業になると常務以上はどのようなことをしてきた方か載っている場合が多いです。

 

1次面接から最終面接まで選考が進みますが、結局は一番最後の人が「YES」とならないと採用されません。

 

そこの一番上の人がどう考えるか、そしてそこで効果的な逆質問ができるというのは、採用されるかされないかのポイントになります。

 

そして面接の場の質問自体に注意してほしいのは、学校の先生なんかに質問するような「そこのところを具体的に教えてください」などはできるだけ言わない方がいいでしょう。

 

ビジネスにおける質問というのは、まず自分の理解を表明したうえで逆質問をすることが大切です。

 

なので何も知らない段階の「具体的に教えてください」といのは学校での常識、ビジネスでの常識は「自分はここまで理解しています、この部分の解釈を教えてください」というのがビジネスにおける質問です。

 

就活するうえでの逆質問は、この部分を理解をしておいた方がいいでしょう。

 

 

就活で採用の決定打となる逆質問1つ目

 

面接は基本的に面接官から質問を受けて就活生が答えるわけですが、逆質問というのは最後に「質問ありませんか?」と行われたり、志望度を確認するために最初から「今日はあなたの質問に答えます」みたいな感じですべてが逆質問の形で用意されていることもあります。

 

そんななか、次元の高い採用権限がある人向けの逆質問で、どのように乗り切ればいいのかを解説していきます。

 

まず面接で印象を良くして採用されようとすると「相手の心の針を動かす」ことがポイントです。

 

相手の心の針を動かすのは「どういう印象を持つか」ということです。

 

じつは相手は自分が話しをしている時が一番テンションが上がり、自分の個人の話しをした時が一番気持ちよくなるもんです。

 

なのでその気持ちよくなる質問をすることができれば、いい印象を与えることができ採用のポイントにつながります。

 

前述にも書いた面接官のプロファイルやプロフィールを事前に理解して作戦を立てておくことによって、逆質問をどのように活用できるかは大きく変わります。

 

「失礼かと思うんですけど○○専務(さん)、今の担当されている事業領域はどういったところなんでしょうか?」と最初に聞きましょう。

 

これは全然失礼な質問でなく、先に聞いていたのにこの質問がでるのはよくはありません。

 

面接が最終段階になったら、会社概要とその役員の事業領域を事前に頭の中でマッピングしておいた方がいいでしょう。

 

そしたら○○さんとなった時には「ご説明はされませんでしたけれども開発担当の責任者だと思います」とこの一言がでただけでよく勉強しているなという印象になります。

 

こんなことを言う就活生はいないので、志望度の高い就活生だなと感じてくれるはずです。

 

 

就活で採用の決定打となる逆質問2つ目

 

営業

 

営業関係の場合、「営業として一番大事なことはなんでしょうか?」は一般的ですが「営業のご責任者として立たれているそこまでおなりになられた秘訣はなんでしょうか?」でもいいです。

 

相手の話したくなる話しがまさに「武勇伝」です。

 

武勇伝を引き出せば、面接官が気持ちよくなるお話がでてくると思います。

 

今の経済環境を考えると、すべての大手企業は自分たちは今後安泰だと考えていません。

 

その裏をとる戦略の逆質問として「これからの時代はどの企業も安泰だと考えていません。そんななか御社であった危機(あった場合)に○○専務(さん)はお仕事をしていたかと思うんですけど、その時どのように社員の方々と乗り越えてきたのでしょうか?」みたいな昔ばなしに振るのがいいでしょう。

 

これは人事担当はずっと人事だから答えられないし、お付きでいるような役員は答えずらいところかもしれません。

 

一番上の人、真ん中に座っている人が答えたくなるような歴史のところを質問しましょう。

 

ちょっとアダルトな大人チックな話になりますが、相手に話せさればいいわけです。

 

 

 

就活で採用の決定打となる逆質問3つ目

 

最終面接で採用を決めるような立場の大手企業の人だったら、だいたい海外赴任を経験しています。

 

自分が海外志向があるのであれば「自分は海外で活躍したいと考えています」と伝えればいいですが、この時に「海外駐在で一番成長につながったエピソードやきっかけというようなお話ししていただけませんでしょうか?」という質問もいいでしょう。

 

こういう逆質問は、自分個人でもっているパーソナルなことなので、その人が気持ちよく話しできるポイントです。

 

そしてそのちょっとした話しから何かを学び取ってほしいと感じていると思います。

 

技術開発部門であれば、「製品やサービスで今までの歴史の中で一番難産だったものは何ですか?」みたいな質問がいいです。

 

技術開発部門では、本当に難産だったとものは社員の飲みの場や表彰式みたいなところでシェアされています。

 

なので面接の方々がもし関係なかったとしても、話しをしてくれると思いますし、その歴史から若い方に学んでほしいと思っていると思います。

 

 

就活で採用の決定打となる逆質問4つ目

 

ビジョン

 

最後に、自分の志望動機にあるかは別として「創業の精神とか創業時のビジョン」というのは今の会社は大事にしています。

 

なので、「今はもう亡くなられている(もしくはもう引退されている)創業者の方のエピソードを知りたいです。わたしは創業者のお話しを聞いてぜひ御社に入社させて頂きたいと思ってますけれども、創業者の方々のお話は直接聞くことはできません。専務さんなら創業者の方とお話しをしたことがあるのではないかなと考えています。」と長く丁寧な質問でもいいし、簡単な「創業者はどんな方だったのでしょう?」という軽い質問でもいいです。

 

この創業者のエピソードというのは、就活のうえで非常に有効な逆質問になります。

 

就活の逆質問は相手の心の針を動かすことが重要です。

 

採用権限をもっている人が心の針が動いたときに「採用」となるわけです。

 

もっともっといい逆質問はあるかもしれませんが、相手に話しをしてもらう相手の個人的な話しを引き出すことができれば良い質問と言えます。

 

是非そのような逆質問を考えて、相手がすごいと思えるような逆質問を最終面接やその手前の面接にのぞんでみてください。

 

 

 

 

 

⇒トップページへ