就活 IT技術者

就活/IT技術者になるにはSEの真髄を知ろう

 

就活,IT技術者

 

IT技術者SE(システムエンジニア)分野の求人はすごく多いといえます。

 

そこでニーズの観点でも就活の観点でも、SEの本質はなにかというところでご紹介します。

 

また、お客様視点での展開にしていくので「社内SE」はここでは省きたいと思います。

 

早速ですがIT技術者であるSEの真髄は、ずばり『信頼』です。

 

この「信頼」というテーマをお客様から得るのが、SEの仕事の本質と思ってもいいぐらいです。

 

しかし営業マンがフロントにいるではないかと思う人もいるかもしれません。

 

これは全然ちがっていて、SEはどんどんどんお客様の前に立つ仕事です。

 

  • SEの仕事の真髄は信頼
  • 信頼をお客様から得るのがSE

 

IT技術者になるには、SEの仕事の真髄は「信頼」ということを知っておきましょう。

 

 

IT技術者SEのノルマとは?

 

就活,SE

 

営業マンの仕事はノルマがあります。

 

ノルマとはいわゆる売上とか金額のことですよね。

 

SEには商品が売れる前のSEと、売れた後に実際に導入したり使えるようにしたりするSEの2つのパターンがあります。

 

売れる前のSEというのは、より営業マンよりもパフォーマンスを高く自社の製品をプロモーションしていかないような仕事だったりもします。

 

もう一つの売れた後のSEというのはすごく大変で、ちょっとずつ1個1個の「納期」というものに追われます。

 

この納期というのが、実はSEの方々にとってのノルマだと考えてもいいかもしれません。

 

  • SEには2つのパターンがある
  • SEのノルマは納期

 

どんな職種でも追われるのは大変で、営業マンは数字に追われます。

 

しかしながらSEとしてお客先に行くSEの人たちはこの納期に追われることになります。

 

 

IT技術者になるには知っておきたいSEの実際のビジネス

 

SE,ビジネス

 

SEは納期を1個1個なにか「形」にしていかないといけません。

 

この形にしていく作業というのは、会社には当然1年決まった期間があるので納期が存在しています。

 

この納期にむけて成果をだしていかないといけないわけなんですが、ここである大きな問題にぶち当たります。

 

それはお客さんたちは「仕様」を変えてしまうのです。

 

例えばどいうことかと言うと、テストでプリントが配られて回答したとします。

 

わからないものがあったら調べて回答しますよね。

 

そうじゃないんです・・・実際のビジネスは・・・。

 

お客さんはテストで回答していたら、途中でその問題ちょっと間違ったとか、この問題ちょっと修正してとか・・・。

 

いままでやってきたのに何で変えてしまうの?となることが結構存在しています。

 

なのでこの納期というものは、テストで100点満点をとるものでなくて、お客様に「ちょっと待ってください」という仕事であったりもします。

 

もしくはそれを受けていかなければならないこともあります。

 

営業マンの仕事は最終的に数字としての成果が見えれば、とりあえずはここでひと段落です。

 

SEの中でもお客様の前にでるSEの仕事は、変わってくる課題に対してそれを受け取ったり、またはそれを打ち返したりするような仕事です。

 

  • SEはテストで100点取る仕事ではない
  • お客様の要求を打ち返したり応えてあげたりする仕事

 

これもまた、SEの仕事の真髄と言えます。

 

IT技術者SEになるには、お客様の要求をうまくコントロールすることも大切です。

 

 

IT技術者SEの仕事のやりがいとは?

 

就活,IT技術者

 

この納期というのはプレッシャーになりますが、新人の頃はまだプレッシャーを体感することはないかもしれません。

 

2、3年たって、大きな納期に対する1個の納期を担当するようになったら、大きな納期が降りかかってきます。

 

SEはノルマがないから安心と考えるのではなくて、納期というのが非常に重要です。

 

また、「お客様からの信頼」という意味では、SEは非常に勝ち取るチャンスが高いといえます。

 

SEを多く抱えている大手IT系のSIビジネスをしている会社の社長は、じつはSEという分野の出身だったりします。

 

大手のお客さんから信頼を得ることは、営業マンでも達成できなくはありません。

 

しかし本当の意味で長期にわたって信頼を獲得できる仕事は、日本ではSEという仕事なのかもしれません。

 

SEの仕事のやりがいというのは「信頼」という形で返ってくるものなのかもしれませんね。

 

 

 

⇒トップページへ