今回はRubyの実行環境をWindowsマシンに構築しようとおもいます。めっちゃ簡単です。

Rubyとは?

Rubyの公式ページによると、
「オープンソースの動的なプログラミング言語で、 シンプルさと高い生産性を備えています。 エレガントな文法を持ち、自然に読み書きができます。 」
だそうです。私のイメージでは意識高い系言語と言った感じですがWebスクレイピングに興味があったので今回手を出してみました。

実行環境構築

RubyInstallerと言うものを使用します。以下のリンクをクリックしてください。
http://rubyinstaller.org/downloads/
rubypage
今回はRuby 2.3.1 (x64)を使用します。お使いのOSが32bit版の場合は(x64)の記述がない方をダウンロードしてください。
ダウンロード完了後、exeファイルを実行します。
言語選択画面等は問題ないと思うので割愛します。以下の画面まできたら以下のようにチェックしました。
rubyinstall
今回、インストール場所は初期設定の「c:\Ruby21」のままにしました。
オプションについて
・「Td/Tkサポートをインストールする」はTcl/Tk GUIツールを合わせてインストールするかどうか
・「Rubyの実行ファイルへ環境変数PATHを設定する」はPATHに自動で設定するかどうか
・「.rb と .rbw ファイルをRubyに関連づける」は拡張子が「.rb」や「.rbw」のファイルをRubyと関連付けするかどうか

です。今回全てにチェックしました。環境変数がよくわからない人はPATHの自動設定は入れておいたほうが良いです。拡張子の関連付けを行うとRubyのスクリプトファイルをダブルクリックしたとき実行されるようになります。

HolloWorldを表示する

以下をテキストエディタで作成し拡張子.rbで保存してください。

HelloWorld.rb
puts 'Hello World!'

作成できたらコマンドプロンプトを開き、cdコマンドでファイルを作成したディレクトリへ移動します。
ruby プログラムファイル名で実行できますので、ruby HelloWorld.rbでコマンド入力します。
HelloWorld!と表示されたら正常に実行完了です。