DB2の環境構築時に見たことのないエラーがでたので調べました。出たエラーは以下のとおり。
SQL0668N 操作は、理由コード "1" のため、表 "SCHEMA.TABLE"に対して許可されません。 SQLSTATE=57016
「???」なんのこっちゃ?と思って調べてみると、エラーで示された表はSET INTEGRITY ペンディング・アクセスなしの状態で、 表の整合性が強制されておらず、 表の内容が無効である可能性があるそうです。どういう意味?直前にやっていたような作業はテーブルにデータをロードしていたくらい。。と考えて更に調べてみると、
ロード先の表に制約がある場合は、ロード完了後はチェックペンディング状態になります。 制約を有効にしてください。
というものを見つけました。確かにロードはしていたけどエラーの出るテーブルと出ないテーブルがある。。つまり制約が定義された表に対して、LOADを実行したため一部のテーブルでペンディング状態となったということです。

ペンディング状態のテーブルを調べる

syscat.tables表のstatusがN、access_modeがF でないテーブルはチェックペンディング状態らしい。以下のSQLで抽出可能。
SELECT tabschema,tabname,status,access_mode 
FROM syscat.tables
WHERE status != 'N' AND access_mode != 'F'

ペンディング状態を解除する

ペンディングは以下のコマンドを発行して戻すことができる。
SET INTEGRITY FOR SCHEMA.TABLE IMMEDIATE CHECKED
私の場合これではエラーをなくすことができないテーブルがありました。なぜだろう?いろいろ調べて以下のコマンドを実行したらエラーは解消されました。
SET INTEGRITY FOR SCHEMA.TABLE ALL IMMEDIATE UNCHECKED
ロードコマンドはなんか色々とめんどくさくなったのでできれば時間かかってもインポートコマンドで処理していきたいと思いました。